ブログSummary

トップページブログ生涯自立プロジェクト>9月19日(水) "みんなで歌おう、いきいきと"「第4回ヴィンテージ・ヴィラ歌の発表会」を開催しました

9月19日(水) "みんなで歌おう、いきいきと"「第4回ヴィンテージ・ヴィラ歌の発表会」を開催しました

2018.10.03

生涯自立プロジェクト

こんにちは!

神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部の高橋です。

神奈川県内5箇所にある当公社の介護付有料老人ホーム「ヴィンテージ・ヴィラ」では、ご入居者で構成されたコーラスグループによる"歌の発表会"を県立音楽堂などの大きな舞台で年1回行なっています。

"生涯自立"をコンセプトに「食」「運動」「生きがい」の3つを柱とした健康寿命延伸に取り組む当公社ですが、このうち「生きがい」の取り組みのひとつとして平成27年から歌の発表会は始まりました。

第4回となる今年は県立青少年センターにて、平均年齢84歳・総勢約100名のご入居者が出演。圧巻の舞台の本番の模様をお届けします!

大勢のお客様とともに開演

youth.JPG
ユースクラシック
kyakuseki.JPG
多くの観覧者


秋らしい爽やかな晴天となった当日。およそ800名ものお客様・関係者を迎えて開演しました。

オープニングは、合唱の講師・演奏を担当するユースクラシック(※1)による弦楽四重奏が飾りました。津軽海峡冬景色や久石譲作曲のsummerといった誰もが一度は聴いたことのある親しみある曲の優美な演奏に心が弾みます。

次いで当公社理事長 猪股よりご挨拶、黒岩神奈川県知事からの熱い激励のビデオメッセージをいただき、ヴィンテージ・ヴィラ コーラスグループの発表が始まりました。

年の差70歳!各ヴィンテージ・ヴィラと星槎中学校・高等学校生徒それぞれの歌声披露

pro yokohama.jpg
ヴィンテージ・ヴィラ横浜
pro youkoudai.jpg
ヴィンテージ・ヴィラ洋光台

pro yokosuka.jpg
ヴィンテージ・ヴィラ横須賀
pro sagami.jpg
ヴィンテージ・ヴィラ相模原

muko.JPG
ヴィンテージ・ヴィラ向ヶ丘遊園

      

ヴィンテージ・ヴィラ横浜の発表を皮切りに、13名~22名で構成されたコーラスグループ 約100名の入居者が参加し、2曲ずつ合唱を披露しました。4回目の登壇となるメンバーは「大きな舞台で歌うと、やっぱり気持ちが良かったわ」と話していました。

各コーラスグループとも練習の成果を存分に発揮することができ、観覧客から大きな拍手が送られました。

seisa.JPG
星槎中学校・高等学校生徒

 次に披露したのは、星槎中学校・高等学校生徒22名による三部合唱。中学校一年生から高等学校三年生までの六学年が一緒に歌うということで、ヴィンテージ・ヴィラのコーラスグループとの年齢差はなんと約70歳。

『MOTHER EARTH ~森里川海のうた~』の若々しく元気な歌声に、とても元気をもらいました。

taisou.JPG
機能訓練を担当する職員らによるミニ体操

休憩時間には、シニアライフ振興財団の機能訓練を担当する職員らによるミニ体操を開催。冗談を交えながらの体操に時折笑いが起こりました。座ったままの姿勢だと固まってしまいがちな首や肩、腰をほぐすストレッチを会場全員で行いました。

座席に座ったままでもできる体操だったので、電車や飛行機などの長距離移動でも活用できそうです。

特別出演 ソプラノ歌手 古嵜靖子さん・ピアノ渡辺知子さんによる演奏

kozaki.JPG
古嵜靖子さん、渡辺知子さんによる演奏

 第二部は、特別出演のソプラノ歌手 古嵜靖子さん(※2) 、ピアノ渡辺 知子さん(※3)による演奏から始まりました。

ダイナミックさが重要なイタリアオペラとはまた異なる、繊細な表現が魅力のドイツリートの代表曲である「鱒」と「希望」、熊本民謡の「おてもやん」の3曲を披露いただきました。歌詞の意味を軽快なトークにのせて説明された後の繊細な歌声に、ドイツリートの世界観に入り込むことができました。

圧巻の「第九」そしてラストは大合唱

daiku.JPG
ヴィンテージ・ヴィラ合同合唱 ベートーヴェン作曲「交響曲 第9番 歓喜の歌」

今年の歌の発表会は、新たなチャレンジとしてベートーヴェン作曲「交響曲 第9番 歓喜の歌」ヴィンテージ・ヴィラバージョンをドイツ語で総勢約100名のご入居者で歌い上げました。

弦楽、ピアノと共に艶やかにおよそ100名という大人数で歌い上げる合唱は力強く、本当に圧巻でした!観覧席からは大きな拍手と共に、「すごい迫力だったわ」「とても感動したよ」という声があちらこちらから起こりました。

hanahasaku.JPG
全体合唱「花は咲く」

そしてラストは"歌の発表会"の全体合唱で毎年恒例になっている「花は咲く」。会場の観客・スタッフ約800名による大合唱で締めくくられました。

第5回の開催も決定し、コーラスメンバーからは「来年に向けてまた頑張らないとね」という声も。早くも来年に向けての準備は始まっているようです。次回がすでに待ち遠しいですね!

今後もさまざまなプロジェクトの様子をお伝えしていきます!お楽しみに。

※1ユースクラシック
現役音大生や若手演奏家約25名が所属し、高齢者住宅や地域に密着したコンサートの開催を行っているグループ。

※2 古嵜靖子氏(こざき やすこ)
東京藝術大学音楽学部声楽科首席卒業、同大学院ソロ科修了。西ドイツ政府給費留学生として渡独。シュツットガルト国立音楽大学在学中に同地シュツットガルト国立歌劇場と9年間専属歌手契約。日本では、民音公演、二期会公演、またN響定期公演等に出演。

※3 渡辺知子氏
東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業後、シュツットガルト国立音楽大学大学院ドイツ歌曲科、ピアノ科卒業。ヨーロッパで数々の演奏会、ラジオに出演。現在は日本を拠点にソロ活動のほか、声楽、器楽のアンサンブルピアニストとして活動。

●関連動画

第3回歌の発表会の様子はこちら  「明日を見つけた高齢者たち~生涯自立をめざして」

第2回歌の発表会の様子はこちら  「生涯自立 夢の続きへ」

第1回歌の発表会の様子はこちら  熱きシルバーたちの挑戦

「ヴィンテージ・ヴィラ」 ブランドムービー

高橋(高齢者事業部 運営課) 入社2年目の高橋です!公社へ新卒入社してから1年があっという間に経ちました。介護・有料老人ホームに関する知識を「どこよりもわかりやすく!」をモットーにお伝えしていきます!

ページのトップへ戻る

先頭へ戻る