ブログSummary

トップページブログ生涯自立プロジェクト>「笑い」で免疫力アップ!ヴィンテージ・ヴィラ相模原、新春落語会を開催

「笑い」で免疫力アップ!ヴィンテージ・ヴィラ相模原、新春落語会を開催

2018.02.02

生涯自立プロジェクト

神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部の山本です。

ヴィンテージ・ヴィラ相模原にて1月29日(月)に行われた新春落語会「相模寄席」をご紹介します。

落語会は音楽コンサートに並んで人気のあるイベントで、ヴィンテージ・ヴィラ相模原では毎年1月に行っています。
この日も32名の入居者様が参加され、中には「このために午前中で用事を済ませてきたよ」とおっしゃていた方もいて、皆さん楽しみにされていた様子でした。

vvs_rakugo0129_1.JPG会場はヴィンテージ・ヴィラ相模原の多目的ホール。紅白幕に高座台、お囃子のBGMが流れ、本格的な寄席会場になっていました。
私も初めての生落語で楽しみにしていた一人だったので、この雰囲気に期待感がより高まっていました。

公益社団法人 落語芸術協会から3名の落語家さんをお迎えし、いよいよ開演。

shouhukutei_sakou.jpg前座 笑福亭 茶光(しょうふくてい さこう)さん
演目:動物園

sanyutei_kumahati.jpg二つ目 山遊亭 くま八(さんゆうてい くまはち)さん
演目:ぜんざい公社

sekisekitei_momonosuke.jpg真打 昔昔亭 桃之助(せきせきてい もものすけ)さん
演目:家見舞い

落語素人で恥ずかしながら後から知ったのですが、その日の演目は事前に決まっているわけではなく、お客さんの反応を見てその場で決めるそうですね。
本題前の世間話("まくら"というそうですね)お客さんに合わせて、地元の話や他の高齢者施設に行った時の話など、身近な話しから始めて自然に本題に入っていく。さすがプロの噺家さんだなと感動してしまいました。

特にすごいと思ったのは食事のシーンでした。
ぜんざいを食べるアクションでは音までリアルに表現されていて、「こっちまで食べたくなるわね」という入居者様の声に、私も思わずうなずいていました(笑)

vvs_rakugo0129_2.JPG
面白さのあまり涙を拭きながら聞いている入居者様もいたり、終始笑いにつつまれ閉演。
「久々に大笑いしちゃったわ」と、入居者様同士の会話も盛り上がっていました。

vvs_rakugo0129_3.JPG
「笑い」は免疫力アップ、病気予防、記憶力の向上などの健康につながる効果があると、医療分野でも注目されていますが、楽しく健康になれるなんてこの上ない健康法ですよね。
落語健康法おすすめです!

ヴィンテージ・ヴィラ相模原以外のヴィンテージ・ヴィラでも定期的に落語会イベントを行っています。

私もまたお邪魔させていただきたいと思っていますので、レポートをお楽しみに。

山本(高齢者事業部 運営課) 皆さまのお役に立つセミナー情報や、ヴィンテージ・ヴィラで行っている様々なイベントを通じて入居者様の生きいきした姿をお伝えしてまいります!

ページのトップへ戻る

先頭へ戻る