Page Top
よくある質問Q&A

トップページよくある質問>契約・入居について

契約・入居について

  • 入居一時金、健康管理費とあんしんサポート費の支払いにより得られるものは何ですか?

    入居一時金、健康管理費とあんしんサポート費のお支払いによって、次の3種類の権利をお持ちになれます。

    • (1) 専用居室、共用部分、共用施設を使用する権利。
    • (2) 健康管理等の日常の生活サービスを受ける権利。
    • (3) 日常的な介護が必要になった場合、介護保険の対象外となる介護サービスを受ける権利。

    ページのトップへ戻る

  • 契約に関する手続きを代理人に任せてもよいでしょうか?

    代理人による契約は、認めておりません。
    入居契約は、ご入居者(ご契約者)にとって重要な手続きであり、当公社といたしましてもご入居者に充分ご納得のうえ、 ご契約いただきたいと考えております。従いまして、ご契約手続きは必ずご本人がなさいますようお願いいたします。

    ページのトップへ戻る

  • 入居するためには必ず保証人が必要ですか?

    原則として保証人は必要です。しかし、成年後見制度の利用など一定の条件を満たすことにより、保証人代替制度がありますので、入居相談員にご相談ください。

    ページのトップへ戻る

  • 保証人にはどのような責任があるのでしょうか。
    また、資格や条件はありますか?

    保証人には、ご入居者(ご契約者)の契約上の義務や債務についての連帯保証や身元引き受けの責任があります。 また、ご入居者が入院される場合や亡くなられた場合などに連絡をとり、ご相談させていただくことがあります。 従いまして、保証人は債務の支払能力とご入居者をお引き受けいただける方にお願いいたします。

    ページのトップへ戻る

  • 保証人はどのような人がよいですか?

    保証人の保証期間は契約後長期に亘りますので、当公社といたしましてはご親族の方にお願いしていただくことを推奨しております。

    ページのトップへ戻る

  • 入居申込後、入居資格基準に達せず入居契約できなかった場合、申込証拠金は返していただけますか?

    当公社の都合により申込解消となる場合には、申込証拠金50万円はお返しいたします。

    ページのトップへ戻る

  • 入居申込後、事情が変わり入居契約に至らなかった場合、申込証拠金は返していただけますか?

    申込証拠金50万円はお返ししますが、健康診断受診後の辞退の場合は健康診断料金を差引かせていただきます。

    ページのトップへ戻る

  • 不動産を売却して入居する場合、売却の便宜をはかってもらえますか?

    不動産を売却されて入居される方には、ご希望により売却のお手伝いもおこなっておりますので、入居相談員にご相談ください。

    ページのトップへ戻る

  • 入居する前に契約者が死亡した場合はどうなりますか?

    契約者の死亡による解約の場合は、お支払いいただいた費用は全額お返しいたします。

    ページのトップへ戻る

  • 入居一時金は物価の変動等で追加払いする事がありますか?
    また、想定居住年数以上入居する場合の追加払いはありますか?

    物価の変動に関わりなく、また想定居住年数以上在居されても、入居一時金の追加支払いは一切ありません。

    ページのトップへ戻る

  • 入居一時金は分割払いができますか?

    分割払い制度はありません。一部一時金方式、月払い方式をご用意しております。

    ページのトップへ戻る

  • 入居一時金の支払いに伴う税の問題は?

    入居一時金は利用権の取得ですので不動産取得税等の税金の支払いはありません。

    ページのトップへ戻る

  • 2人入居の場合は、2人共65歳以上でなければなりませんか?

    お二人共入居時に満65歳以上が条件となります。

    ページのトップへ戻る

  • 1人で入居しているところに、新たにもう1人追加入居できますか?

    新たに入居される方が配偶者または三親等以内の血族、若しくは一親等の姻族の方なら、 追加契約として追加入居一時金、あんしんサポート費をお支払いいただき入居できます。 ただし、満65歳以上であること、および当初の主たる契約者の入居日から5年以内で1回に限ります。

    ページのトップへ戻る

  • 入居した後で、希望のタイプの居室に空きがある場合、移ることはできますか?

    空室がある場合には住み替えできますが、入居契約を解除し、入居一時金等を精算した後、新たに住み替え先の住宅にて入居契約を締結していただきます。

    ページのトップへ戻る

  • 入居後、短期間で自己都合により退去する場合の取り扱いはどうなりますか?

    入居指定の日から3月以内に所定の退去手続きを行うことにより、入居契約解除の特約が利用できます。 この場合、居住期間中(日数)の家賃相当額、原状回復費、居室清掃費、管理運営費及び食費等の負担のみで入居契約を解除できます。(短期解約特例)
    家賃等相当額計算式(下記(1)+(2))
    (1)=((月額家賃相当額または追加家賃相当額)÷30日)×経過日数
    (2)=(月額あんしんサポート費相当額÷30日)×経過日数
    ※経過日数=入居指定日から契約終了の日までの日数
    ※円未満は切り捨てとなります。

    ページのトップへ戻る

  • 2人で入居した場合、短期解約特例により自己都合で退去するときの取り扱いはどうなりますか?

    入居一時金、追加入居一時金、あんしんサポート費(お二人分)を返還いたします。
    また、お二人のうちお―人が退去する場合は、追加入居一時金、あんしんサポート費(お一人分)を返還いたします。 なお、いずれの費用も居住期間中の家賃相当額等を差し引いた金額が返還の対象となります。

ページのトップへ戻る