お電話での受付時間 平日 9:00~17:00

0120-428-660

ブログ

ヴィンテージ・ヴィラ相模原が『タウンニュース(町田版)』に掲載されました

― タウンニュース(町田版、1/6号)より ―

神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム(入居時自立)ヴィンテージ・ヴィラ相模原(町田駅より徒歩5分)

将来のために検討するものの、「介護が必要になってから入居するところ」と有料老人ホームに対してどこか暗いイメージをお持ちの方も多いのではないだろうか。今回は、公社の介護付有料老人ホーム「ヴィンテージ・ヴィラ相模原」へ元気なときに住み替えをし、充実した日々を過ごされているというご入居者の小倉健二朗さん(78)と、支配人の我妻孝一さんに話を聞いた。=文中敬称略=


townnews_sagamihara.jpg

我妻支配人(左)と小倉健二朗さん(右)


「ヴィンテージ・ヴィラ相模原」の特徴は


支配人 「ヴィンテージ・ヴィラ相模原」は自立型の介護付有料老人ホームです。私どもの特徴はお元気な時に住み替えていただき、将来介護が必要になった際には、館内の介護スタッフから介護サービスをご利用いただけます。またフロントスタッフをはじめ、各サービススタッフと共に生活していただいていますので、何かお困りの際にはすぐにでもご相談いただけます。



小倉さんが住み替えを考えたきっかけは


小倉 妻を亡くし約10年一人暮らしをしていましたが、3食を男一人で準備するのが本当に大変で疲れてしまいました。子どもたちはみんな独立していますし、将来、体が不自由になった時を考えると一人だと心配ですよね。「いつまでこの生活を続けられるのだろう」と思っていた時、公社の高齢者向けのセミナーに参加し、山中由美先生の講演を聞いて有料老人ホームというものに興味がわきました。そこから1年ぐらいかけて検討しましたが、最終的には利便性・公社の経営面への信頼感などで「ヴィンテージ・ヴィラ相模原」に決めました。



住み替え後の暮らしはいかがですか


小倉 住み替えるきっかけとなった食事ですが、本当に満足しています。夕食には刺身やうなぎ、天ぷらなども出ますし、事前に予約することもなくその時の気分でメニューを選べますから。毎週木曜日に1週間分の献立が配られるので、木曜日がとても楽しみです。今は食事が最大の楽しみですね。


支配人 ご入居者に末永く暮らしていただくために、食事を通じて健康面への配慮というのは欠かせません。栄養士が栄養バランスを考慮するのはもちろんのこと、毎日ご利用いただくので飽きのこないよう、ただ豪華なだけでなく「美味しいに加えて心からわくわく」してもらえるようなメニューをご用意できるように努めています。特に以前より気軽に外出がしづらい今、小倉さんのように食事を楽しみとされている方も多いので、ただ栄養を摂るだけでなく、各地の駅弁を再現したり、ご当地メニューを取り入れたり、食べるのが楽しみになるようなメニューを食事のスタッフと共に企画しています。また、ご入居者の当日の体調に合わせた食事のご用意もしております。


211109sagamihara_0030.jpg

夕食メニューの一例


小倉さんにとって「ヴィンテージ・ヴィラ相模原」の魅力は何ですか


小倉 町田駅から徒歩5分という抜群の利便性です。都心に行くにも便利ですし、家族や友人が会いに来るのにも、駅近なのはいいですよね。それでいて、駅までの途中に川があってカワセミが飛んでいたりして、非常に落ち着いている。この利便性をもって落ち着いた雰囲気というのはなかなか味わえないと思います。それと、居室には床暖房があり、これが非常にいいです。


IMG_0916.jpg

近隣風景(2019年6月に行われたウォークラリーの様子)


趣味も豊富とお聞きしました


小倉 カラオケや歌の会のサークルに参加しています。また、以前は町田にあるスポーツクラブに通っていたのですが、雨の日など歩くのが大変なので、週3回ある館内の体操教室に参加しています。足の血流があまり良くないと医師から言われたので、最近は130分の「個別運動指導教室」に週1回参加し、健康を維持できるように積極的に体を動かしています。


体操教室.jpg

体操教室


個別運動指導とはどのようなものですか


支配人 「健康寿命の延伸」を目指す公社が、20214月から新しくスタートした個人向けの体操教室になります。全体の運動プログラムに参加しにくい方や「自分には物足りない」「私にはハードすぎる」といった方にもぴったりな内容です。



健康管理や介護についてはいかがですか


小倉 今朝も外部の病院で定期健診があったのですが、送迎があるので非常に助かります。まだ元気ですのでケアスタッフの方にお世話になる機会はありませんが、健康面で不安な時は生活相談員に相談できますし、ここにいれば安心です。


支配人 やはりすぐにご相談していただける環境をご用意するというのが大切ですよね。ケアスタッフが24時間常駐していますので、些細なことでも心身の変化にすぐに気づけるよう努めています。



最後に小倉さん、支配人から、入居を検討している方たちに向けてメッセージをお願いします


小倉 70歳、80歳になってくると将来への不安がいくつも出てくると思います。このまま健康でいられるのか。何かがあった時にどうやって救急車を呼ぶのか、などです。ずっと住んできた自宅を離れたくないという気持ちもわかりますが、将来の安心にはかえられないでしょう。介護付有料老人ホームへの入居というのは自分自身だけでなく、家族にとってもよいことです。これからの豊かな人生のため、しっかり検討し、納得のいく住まいを探してください。


支配人 現在は感染症の感染拡大などを筆頭に大変な状況ですが、少しでも人のもつ「温かさ」をこのヴィンテージ・ヴィラ相模原で感じていただければと思います。ご見学、お問い合わせお待ちしています。


* * *


2月には山中由美氏を講師に招いたセミナーが新宿で開催される。ヴィンテージ・ヴィラ相模原の見学会やセミナーにこの機会に参加してみては。





掲載記事のPDFこちら



●知りたい地元の情報が満載『タウンニュース』のホームページ

https://www.townnews.co.jp/




神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部 0120-428-660(フリーコール)


[受付時間:平日9時~17時]



管理者

管理者(高齢者事業部 運営課)

小泉環境大臣と浅羽理事長の対談が『タウンニュース(横須賀版)』に掲載されました

小泉環境大臣と浅羽理事長の対談が『タウンニュース(横須賀版)』に掲載されましたの画像

神奈川県住宅供給公社×小泉進次郎大臣が語る「人生100年時代」における豊かなシニアライフとは...

  • 生涯自立プロジェクト
  • 2021.08.27
  • 管理者

小泉環境大臣と浅羽理事長の対談が『タウンニュース(旭区・青葉区版)』に掲載されました

小泉環境大臣と浅羽理事長の対談が『タウンニュース(旭区・青葉区版)』に掲載されましたの画像

神奈川県住宅供給公社×小泉進次郎大臣が語る「人生100年時代」における豊かなシニアライフとは...

  • 生涯自立プロジェクト
  • 2021.08.27
  • 管理者