お電話での受付時間 平日 9:00~17:00

0120-428-660

ブログ

ヴィンテージ・ヴィラ向ヶ丘遊園が『タウンニュース(麻生区・高津区版)』に掲載されました

『タウンニュース(麻生区・高津区版) 2021年3/19号』に掲載されました。

ヴィンテージ・ヴィラ向ヶ丘遊園の魅力について語っております。



―『タウンニュース(麻生区・高津区版) 2021年3/19号』掲載記事より ―

***


長引くコロナ禍で気力、体力ともに低下していると感じている方も多いのではないだろうか。「具合が悪い時に身近に相談できる相手がいない」「独りで家にいるのが不安」そんな方に寄り添うようなサポートをしている介護付有料老人ホーム(入居時自立)「ヴィンテージ・ヴィラ向ヶ丘遊園」。元気な時に住み替えて自宅と同じように気ままに暮らしながらも、24時間スタッフが常駐しているため、必要な生活支援や介護サービスを利用できることが特徴だ。今回は支配人の羽根田さんとケアスタッフの下八川さん、食事スタッフの柴田さんに話を聞いた。



―ヴィンテージ・ヴィラ向ヶ丘遊園の特徴は

羽根田 都心や横浜方面へのアクセスも良く、最寄りのJR南武線「宿河原駅」から歩くこともできるなど立地に恵まれております。周辺には緑や水辺があり、自然がとても豊かで、近隣の散歩を皆様楽しまれています。スーパーやコンビニエンスストアもすぐ近くにあるので生活の利便性にも優れています。そのため、居室のキッチンで自炊される方もいらっしゃれば、食堂でご用意している予約不要のお食事をお召し上がりになっている方もいます。日常生活で困ったことはフロントスタッフにいつでもご相談いただけます。また、ケアスタッフが24時間常駐し、日常の健康管理や生活支援、緊急時の対応などを行っております。


ケアスタッフが毎日健康管理

―ケアスタッフは普段どのようなお仕事をされていますか

下八川 ケアスタッフには介護士と看護師がいます。私は看護師なので、皆様の健康管理を主に担当しています。日々のお薬の管理や、ご入居者の「病院を受診した時に先生にこういう風に言われたけれどよくわからなかった」「検査データの見方を教えてほしい」など、体調に関する不安や、病院で消化しきれなかったことを解決できるようにお手伝いしています。また健康管理の一環として、毎年秋に感染性胃腸炎やインフルエンザなど、感染症予防についての講演をご入居者に向けて行っております。スタッフの勉強会も日頃から行っており、コロナ禍におきましても、手洗いやマスクの着用など基本的な感染症対策を徹底しております。今年は体調を崩される方も例年より非常に少なく、予防の大切さを痛感しています。


館内でも新しい生活様式

―コロナ禍でご入居者の生活は変わりましたか

羽根田 一つ屋根の下、「クラスターが発生すると大変だ」とご入居者も私たちスタッフも感染症予防への意識を高く持っています。早い段階で食堂にアクリルボードを置いて、席の数を減らしました。大浴室では、混み合う時間をお知らせし、分散してご利用いただいたり、マスクを外すような脱衣場ではお話を控えていただくよう掲示をしています。最初の緊急事態宣言の発出時には多目的ホールで行っていた体操や麻雀、コーラスなどのサークル活動も一切中止致しました。しかし、何もせずにお部屋に閉じこもってしまうと気力も体力も低下してしまうので、お部屋でも行える体操をご紹介しました。今では感染症予防策を取りながら、インストラクターによる体操教室を週に3回行っています。「さらに運動量を増やしたい」と感じ、館内の廊下を歩くご入居者が増えました。他にも、共用部を利用し、ビリヤードをやる方が増えたり、オセロやウクレレなど、新しいサークル活動も増えました。館内で上手に楽しもうとしてくださっている様子を拝見すると、生活様式が変わったなと感じます。


スタッフ全員で安心をサポート

―食事スタッフとしてどのような仕事をされていますか

柴田 調理師、栄養士と連携して、お食事を配膳しております。食の安全と衛生面を徹底しつつ、最近はコロナ禍でストレスがたまっているご入居者もいらっしゃるので、食事面での要望はなるべくお応えできるようにと心掛けています。温かいお料理は温かく、揚げ物は揚げ立てをお出ししたり、お魚の焼き方を研究したりと、常にお食事を楽しんでいただけるように工夫しております。また、普段食堂でお食事されている方が来ない時にはケアスタッフに連絡して、体調の確認をしてもらうなど、スタッフ間の連携も心掛けています。

下八川 お食事にしても、食事スタッフだけが担当するのではなく、例えば塩分を控えなければならない方についてはケアスタッフから栄養士に連絡し、塩分を調整してもらうなど工夫をしています。

柴田 ルームサービスの際、食事を居室にお持ちする時には声をかけるようにしています。返事がなかったり、少しでも異変を感じたらすぐにケアスタッフに伝え、様子を確認してもらいます。

下八川 居室内で意識消失されているなど、重大なこともあるので、連絡があればすぐに駆けつけます。こうやってスタッフ全員でご入居者のことを考え、家族のように接しています。入居以来、スタッフとの関わりがあまりない方でも、急な体調不良や怪我などをきっかけに、食事や体調チェックにスタッフが関わったことで、心も体も元気になる。そういう方を何人も見てきました。人の力ってすごいんだなと思います。その日にあったことをお話する相手がいるだけで、今まで心を閉ざしていた方が「ありがとう」と徐々に心を開いてくれるようになります。マジックがかかるんです。

羽根田 お正月は毎年多くのご入居者が初詣に行かれますが、今年はそれができませんでした。そのため今年はスタッフが館内に「ヴィンテージ神社」を作ったんですよ。皆さんすごく喜んでくださいました。毎年同じイベントを行うだけでなく、スタッフ全員がご入居者に楽しんでいただくために状況に応じた発想をしてくれます。私たちは「何があってもスタッフがそばにいるから安心してください」という姿勢を大切にし、ご入居者の気ままな生活をサポートしております。心身ともに安定した生活を送りながら、いつまでもその方らしく、生涯自立の生活をしていただけるよう、スタッフ一同これからも努めてまいります。


現在、ヴィンテージ・ヴィラ向ヶ丘遊園では見学会の開催を見合わせているが、見学会再開後の優先枠の予約を受付中。詳細は下記へ問い合わせを。


***


掲載記事のPDFはこちら



知りたい地元の情報が満載『タウンニュース』のホームページ

https://www.townnews.co.jp/



見学会「優先枠」予約受付中

現在、見学会を中止しておりますが、見学会再開の折にご案内させていただく「優先枠」をご用意しております。見学をご希望の方は、ぜひこの機会にお申し込みください。



神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部 0120-428-660(フリーコール)


[受付時間:平日9時~17時]



記事内でご紹介しました〝お部屋でも行える体操″の動画は下記からご覧いただけます。

ヴィンテージ・ヴィラの管理運営を行う一般財団法人シニアライフ振興財団の理学療法士・健康運動指導士が監修した簡単体操です。

運動不足やストレスの解消にぜひご活用ください。


元気な身体を取り戻そう!自宅でできる簡単体操

スマらいフィットネス #1 肩回し

スマらいフィットネス #2 背筋伸ばし

スマらいフィットネス #3 からだひねり

スマらいフィットネス #4 ひざ引き上げ

スマらいフィットネス #5 もも裏伸ばし

スマらいフィットネス #6 おしり伸ばし


管理者

管理者(高齢者事業部 運営課)

ヴィンテージ・ヴィラ横須賀が『はまかぜ新聞(横須賀・三浦・湘南版)』に掲載されました

ヴィンテージ・ヴィラ横須賀が『はまかぜ新聞(横須賀・三浦・湘南版)』に掲載されましたの画像

『はまかぜ新聞(横須賀・三浦・湘南版) 2021年3/19号』に掲載されました。ヴィンテージ...

  • 生涯自立プロジェクト
  • 2021.03.29
  • 管理者

『月刊シニアビジネスマーケット 2021年1月号』に浅羽理事長のコメント記事が掲載されました

『月刊シニアビジネスマーケット 2021年1月号』に浅羽理事長のコメント記事が掲載されましたの画像

神奈川県住宅供給公社 浅羽理事長が有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、グループホーム...

  • 生涯自立プロジェクト
  • 2021.01.14
  • 管理者