お電話での受付時間 平日 9:00~17:00

0120-428-660

ブログ

高齢者がジョギングをする際の注意点は?ランニングとの違いや走り方も解説

こんにちは!

神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部の高木です。


年齢を重ねるにつれて健康意識が高まり、体を動かしたいと考える方も多いのではないでしょうか。


なかでもジョギングは道具を使うことなくできるため、手軽に始められる運動としておすすめです。

しかし注意点をしっかり把握していないと、事故や転倒に繋がってしまう恐れもあります。


そこで今回は、高齢者がジョギングする際の注意点や走り方などについて、ご紹介します。

sports-senior-couple.png



高齢者にジョギングがおすすめな理由、ランニングとの違いは?

ゆっくりと自分のペースで走るジョギングは、ふだん運動をしていない方でも気軽に始められる運動のひとつです。


心肺機能を高めたり筋肉量が増えて疲れづらくなったりするほか、生活習慣予防や肩こりを和らげるなど、高齢者にとっても様々な効果が期待できます。


ジョギングと似た有酸素運動でランニングがありますが、大きな違いは走るスピードとペース。

ジョギングは人と会話しながらでも走り続けられるペースですが、ランニングは息が弾んだり息切れしたりするほど速いペースで走ります。


ジョギングとランニングではそれぞれおこなう目的も異なり、ジョギングは健康増進を、ランニングはマラソン大会などの競技出場を目的としておこなう方が多いです。


ジョギングは適度に強度があり楽しくおこなえますので、健康を保ちたい高齢者にとっておすすめの運動ともいえるでしょう。



高齢者がジョギングをする際の注意点は5つ!

preparatory-movement-couple.png

だれでも手軽に始められるジョギングですが、怪我することなく楽しく続けるためには、いくつかの注意点についてしっかり把握しておくことが大切です。


ポイントを絞って、5つご紹介していきますね。


運動に適したウェアとシューズを選ぶ

ジョギングは踵や膝に大きな負担がかかる運動です。

足の負担を和らげるタイツやクッション性の高いシューズなど、怪我を予防するための運動グッズを用意することをおすすめします。


ジョギングの前後はストレッチ

怪我なくジョギングを楽しむためには準備運動が大切です。

屈伸運動やアキレス腱伸ばしなど十分にストレッチをおこないましょう。

また、ジョギング後も軽くストレッチを行うことで、さらに怪我防止に繋がります。


適切な水分補給をおこなう

こまめに水分補給をおこない、脱水症状にならないよう気をつけましょう。

特に暑い夏場のジョギングでは大量の汗をかくため、脱水症状を引き起こしやすくなります。

走り出す前だけでなくジョギング中も、定期的に水分を補給しましょう。


上り坂は走らず歩く

上り坂は平坦な道に比べて体に負担がかかります。

高齢者は無理に走ると心肺機能に影響を及ぼす可能性があるため、ゆっくりウォーキングしましょう。


無理せず楽しく続ける

週に2〜3回を目安に、無理のないペースで楽しく続けましょう。

雨の日や気温の高い日は、怪我や体調不良を起こしてしまう恐れがありますので、無理はしないでくださいね。



高齢者のジョギングは走り方が肝心!正しい走り方は?

高齢者がジョギングを無理なく続けるためには、体に負担をかけない正しい走り方を身につけることが大切です。


ジョギングフォームが整ってないと、足腰などを痛めてしまう可能性が高くなります。

以下のフォームに気をつけて、効果的なジョギングをおこないましょう。


足裏全体で着地する

ジョギングをする際に足裏全体でしっかり着地することで衝撃を吸収し、膝や足首への負担が軽減されます。


重心を高くする

重心を高い位置に置き、前傾姿勢をとってジョギングすることも大事。

体に無理な力がかかりにくくなります。


ピッチとストライドを意識する

ピッチとは1歩にかかる時間、ストライドとは1歩の長さ(歩幅)のこと。

疲れることなく走り続けるためには、早めのピッチと小さめのストライドでリズミカルに走りましょう。


腕振りをしっかりと

しっかり腕を振ると、足が自然と前に出やすくなります。

腕振りは肘を体の後ろまで引いて、肩甲骨を動かすイメージでおこないましょう。



まとめ

・ジョギングとランニングの大きな違いは、走るスピードとペース。ジョギングは人と会話しながらでも走り続けられるペース、ランニングは息が弾んだり息切れしたりするほど速いペースで走ります。


・ジョギングを怪我することなく楽しく続けるためには、「運動に適したウェアとシューズを着用する」「ジョギングの前後にストレッチをおこなう」「定期的に水分補給する」「上り坂は走らず歩く」「無理しない」など、いくつかの注意点をしっかり把握しておきましょう。


・足裏全体で着地したり、重心を高く保って腕振りをしっかりおこなったりと、体に負担をかけない走り方を身につけることで、無理なくジョギングを続けることができます。



公社の介護付有料老人ホーム「ヴィンテージ・ヴィラ」では、「生涯自立」(食事・入浴・排泄に介助を必要としない状態であること)に力を入れており、ご入居者の方々が介護なしで、お元気でお過ごしいただけるように「介護予防」としてさまざまな取り組みを進めております。


アクティビティ専門スタッフが在籍し、ご入居者のお身体に合わせた運動の指導を行っています。

転倒予防や骨粗しょう症予防、認知症予防などさまざまな効果のある運動プログラムを用意しており、ご入居者は自由にご参加いただくことができます。

ほかにも、ヴィンテージ・ヴィラには筋トレ器具も置いてあるため、ご自身の都合や状態に合わせていつでも自主的にトレーニングを行うこともできます。(※アクティビティプログラム時を除く)


また、ダイニングルームでは、専属の栄養士が監修したメニューを朝・昼・夕の3食を365日、ご予約なしでお召し上がりいただけます。また、神奈川県立保健福祉大学との連携協定により、食を通じた『健康寿命の延伸』を目指す取り組みを推進しています。


ご入居は入居時自立が条件ですが、入居後万が一、介護が必要になった場合でも、専任のケアスタッフが24時間体制で介護サービス・生活支援サービスを行います。

さらに、介護度が重くなった場合には提携施設である介護専用型のトレクォーレに追加費用等なく移り住みいただくこともでき、より手厚い介護サービス体制を整えています。


これらの取り組みは公社の情報誌・シニアライフ誌でもご紹介しています。

シニアライフ誌では、さまざまな観点からお役立ちの最新の情報を提供しています。


ヴィンテージ・ヴィラへのご興味、シニアライフ誌のご購読希望がございましたら、ぜひシニアライフ倶楽部にご入会くださいね!


お問い合わせは下記までお気軽にどうぞ!



神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部 0120-428-660(フリーコール)


[受付時間:平日9時~17時]


高木

高木(高齢者事業部 運営課)

皆さまのお役に立つセミナー情報や、ヴィンテージ・ヴィラで行っている様々なイベントを通じて入居者様の生きいきした姿をお伝えしてまいります!

高齢者の免許返納のメリットは?手続き方法や不安点も解決

高齢者の免許返納のメリットは?手続き方法や不安点も解決の画像

こんにちは!神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部の高木です。高齢者による自動車事故のニュースを...

  • お役立ち情報
  • 2020.10.14
  • 高木

高齢者のめまいは何が原因?治療や予防の方法をご紹介!

高齢者のめまいは何が原因?治療や予防の方法をご紹介!の画像

こんにちは!神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部の高木です。実は75歳以上の高齢者の3割以上が...

  • お役立ち情報
  • 2020.08.26
  • 高木