お電話での受付時間 平日 9:00~17:00

0120-428-660

ブログ

老人ホームへ入居するタイミング、そのきっかけとは?

こんにちは!

神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部の髙橋です。


最近、将来的に長く住まう場所として老人ホームを選ぶ方が増えてきています。

今回は老人ホームへの入居のきっかけやタイミングについてのお話です。

老人ホームへ入居するタイミングはいつが多いのか、より良い老人ホームを選ぶためのポイントや検討を始める時期などについてもご紹介します。

senior-couple-photo-album.png



老人ホームに入居するタイミングはどんな時が多い?

「老人ホーム」と一言で言っても、介護サービスを必要とする方からお元気な方がお住まいになるホームまで、さまざまなホームがあります。

もちろん、入居のタイミングやきっかけも人によってさまざまです。

その中でも入居を考えるきっかけとしてよく見られるものについてご紹介します。


パートナーの死去

身近な人の死は、自分のこれからの人生について考える大きなきっかけのひとつです。

パートナーを亡くした後、一人暮らしの不安から検討を始めるケースも多いです。



退院するタイミング

自宅での介護やケアが難しいと考え、退院と同時に老人ホームへの入居を希望するというケースです。

介護スタッフが常駐している介護付有料老人ホームだと安心感も強いですね。



自宅介護が難しくなったタイミング

自宅で家族が介護をしていたが、仕事の都合や肉体的・精神的理由から介護に限界を感じ、老人ホームへ入居するケース。

自宅介護は家族への負担が大きくなることが多く、老人ホームへ移る決断をされる方もいらっしゃいます。



元気なうちに入居する

自分の老後の生活の備えとして、元気なうちから老人ホームを探して入居するケース。

自分で希望の住み替え先を探し、決定して入居される方が多いです。

公社の介護付有料老人ホーム「ヴィンテージ・ヴィラ」は元気なうちに入居し、「今までどおり、自分らしく」「今まで以上に、安心・快適」の両方を叶える暮らしを提案します。



ヴィンテージ・ヴィラご入居者様の「入居のタイミング」をご紹介

■ 2017年入居 山﨑様

妻が亡くなり「このままでは孤独死してしまうのではないか」と自分の老後を考えたのがきっかけです。

ヴィンテージ・ヴィラは公的団体が事業主であるという安心感も後押しとなりました。


■ 2000年入居 中川様

2人暮らしをしていた娘が嫁ぎ、1人暮らしになったことがきっかけのひとつです。

海が見える環境で交通の便も良く、食事サービス等があるのも入居の決め手となりました。


■ 1994年入居 奥様ご夫妻

長年悩んでいた妻の腰痛が悪化して杖を手放せなくなり、「動けなくなれば入居出来なくなるから」と急いで入居希望を出しました。



将来は老人ホームに入居したい!という方に最適なタイミングとは

「子供には迷惑をかけたくない」「1人暮らしだと老後が心配」

そんな理由から将来的に老人ホームに入居したいと考えている方は増えています。


老人ホームの特徴はさまざまです。

元気な時に趣味やセカンドライフを謳歌し将来の介護に備えるホームや、初めから介護サービスを必要とする人を対象としたサポートを行うホームなど、ホームによって雰囲気も全く異なります。


希望に合う老人ホームを探すためには、資料を取り寄せるだけでなく、実際にホームへ見学することが大切。時間も体力も必要です。


思い立ったが吉日。

「まだもう少し先の話......」などと思わずに、体力と判断力がある元気なうちにぜひ検討を始めてみてくださいね。



最適な老人ホームに入居するためには

senior-couple-meal.png

納得できる老人ホームを選ぶために、こんなポイントに気をつけてみましょう。


無理のない資金計画を立てる

有料老人ホームは入居の際に一時金、その後月額料金と日常生活費や医療費などが必要な場合が多いです。

現在の年齢と年間にかかる費用を概算し、予算的に無理のない施設を絞り込みましょう。

楽しく暮らすためには、ある程度の費用が必要です。



施設での生活をイメージして選ぶ

キレイな部屋、海の見える素晴らしい立地...。たとえどんなに施設の概要が素晴らしくても、ご自分のライフスタイルにピッタリとハマるとは限りません。

お料理が好きな方なら自室にキッチンがあれば簡単な調理を楽しむことができますし、お出かけがお好きな方やご家族やご友人が来訪される機会が多い方は、眺望よりも交通の便が良い方がいいなんてことがあるかもしれません。

また、食事は毎日召し上がる大切なもの。個人の好みもあるので必ず試食してみてくださいね。



まとめ

・老人ホームへ入居するきっかけは人それぞれ。パートナーの死去や自宅療養への不安、家族による自宅介護が難しくなったなどのタイミングで入居する方が多いです。「子供に迷惑をかけたくない」と元気なうちに入居を決意される方も増えています。


・将来的に老人ホームへの入居を考えている方は、体力と判断力のある元気なうちに施設を探すことをおすすめします。まだまだ...と思っているうちに思うように体を動かすことができなくなるかもしれません。できるだけ早くから検討・決定をすすめましょう。


・自分に合った老人ホームを探すためにはやはり情報収集と見学。入居後の生活をイメージし、ライフスタイルに合い長く入居できる施設を探しましょう。入居や生活に必要な予算計画も忘れずに。



公社の介護付有料老人ホーム「ヴィンテージ・ヴィラ」では、「生涯自立」(食事・入浴・排泄に介助を必要としない状態であること)に力を入れており、ご入居者の方々が介護なしで、お元気でお過ごしいただけるように「介護予防」としてさまざまな取組みを進めております。


アクティビティ専門スタッフが在籍し、ご入居者のお身体に合わせた運動の指導を行っています。

転倒予防や骨粗しょう症予防、認知症予防などさまざまな効果のある運動プログラムを用意しており、ご入居者は自由にご参加いただくことができます。

ほかにも、ヴィンテージ・ヴィラには筋トレ器具も置いてあるため、ご自身の都合や状態に合わせていつでも自主的にトレーニングを行なうこともできます。(※アクティビティプログラム時を除く)


また、ダイニングルームでは、専属の栄養士が監修したメニューを朝・昼・夕の3食を365日、ご予約なしでお召し上がりいただけます。

また、神奈川県立保健福祉大学との連携協定により、食を通じた『健康寿命の延伸』を目指す取組みを推進しています。


ご入居は入居時自立が条件ですが、入居後万が一、介護が必要になった場合でも、専任のケアスタッフが24時間体制で介護サービス・生活支援サービスを行います。

さらに、介護度が重くなった場合には提携施設である介護専用型のトレクォーレに追加費用等なく移り住みいただくこともでき、より手厚い介護サービス体制を整えています。

これらの取り組みは公社の情報誌・シニアライフ誌でもご紹介しています。

シニアライフ誌では、さまざまな観点からお役立ちの最新の情報を提供しています。


ヴィンテージ・ヴィラへのご興味、シニアライフ誌のご購読希望がございましたら、ぜひシニアライフ倶楽部にご入会くださいね!

お問い合わせは下記までお気軽にどうぞ!



神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部 0120-428-660(フリーコール)


[受付時間:平日9時~17時]

高橋

高橋(高齢者事業部 運営課)

入社3年目の高橋です!公社へ新卒入社してから2年があっという間に経ちました。介護・有料老人ホームに関する知識を「どこよりもわかりやすく!」をモットーにお伝えしていきます!

老人ホームの食事内容は?栄養や工夫面、入居前の確認点も

老人ホームの食事内容は?栄養や工夫面、入居前の確認点もの画像

こんにちは!神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部の髙橋です。美味しいお食事は毎日の楽しみのひと...

  • お役立ち情報
  • 2020.01.23
  • 高橋

老人ホームの入居条件とは?注意すべき点についても

老人ホームの入居条件とは?注意すべき点についてもの画像

こんにちは!神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部の髙橋です。老人ホームは希望者全員が入居できる...

  • お役立ち情報
  • 2020.01.08
  • 高橋