お電話での受付時間 平日 9:00~17:00

0120-428-660

ブログ

老人ホームは何歳から?いつ検討するべきかタイミングを解説

こんにちは!

神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部の高木です。


介護が必要な方だけでなく、セカンドライフを送る場所として元気なうちから老人ホームへの入居を検討される方が増えてきました。

老人ホームへの入居は一般的に何歳から可能なのでしょうか。


今回は老人ホームへ入居できる年齢や、検討を始めるべき時期などについてご紹介します。

senior-couple-study.png



老人ホームは一般的に何歳から入居できる?

老人ホームへ入居できる具体的な年齢は、施設の種類によって異なります。


たとえば、特別養護老人ホームや介護老人保健施設など介護サービスが中心となる公的施設の場合は、原則65歳以上で介護が必要な方が入居可能です。


介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホームなどの場合、年齢制限は60歳以上、65歳以上のところが多いですが、60歳未満から入居可能としている施設もあります。


サービス付き高齢者向け住宅や健康型有料老人ホーム、軽費老人ホームなどは基本的に60歳以上で自立した生活ができる方の入居が可能です。


神奈川県住宅供給公社の「介護付有料老人ホーム  ヴィンテージ・ヴィラ」は、65歳以上で介護認定を受けていない元気な方のみが入居可能となっています。



何歳から老人ホームの入居を検討するべきか

senior-couple-staff.png

老人ホームに入居している方の平均年齢は80~90歳代だと言われています。


人生80年時代。さらには人生100年時代へと向かっている今、定年退職をした60歳はまだまだ若く元気もあります。

定年後の60~70歳代は自宅で過ごし、介護や健康の不安が出てくる80歳以降から老人ホームへの入居を選択するという方は多くいらっしゃいます。


しかし、老人ホームへの入居目的は介護だけとは限りません。

食事の支度や洗濯など身の回りのサポートの他に、敷地内にジムがあったりサークル活動が盛んだったりと、セカンドライフを安心して楽しく過ごすための老人ホームも存在しています。


老後を楽しく快適に、安心して過ごすために、50~60歳代で老人ホームを検討するのも決して早過ぎることはありません。


また、自分にあった老人ホームを探すのには時間がかかります。

情報収集や見学、検討の時間も必要であるほか、人気の老人ホームは空きが少なく申し込みから年単位で空室を待つ可能性もあります。


時間が経つうちに病気などで要介護度が上がり、ホーム側の入居条件とご自身の状況が合わなくなってしまうということも起こり得ます。


お元気で体力や時間に余裕があるうちに、老人ホーム探し・入居検討を始めてみてはいかがでしょうか?

早いタイミングで入居することで施設のスタッフや他の入居者とのコミュニケーションや信頼関係構築に時間をたくさん使うことができます。



まとめ

・老人ホームに入居可能な年齢は一般的に60~65歳以上です。介護サービスを中心とした施設の場合は原則65歳以上で介護が必要な方が入居可能です。


・介護認定を受けている方は65歳未満、60歳未満でも介護老人保健施設や介護付有料老人ホームへの入居が可能な場合があります。また、独自の入居条件を持つ施設や高齢者向け賃貸住宅などは65歳未満、60歳未満でも入居が可能な場合もあります。


・老人ホームへ入居されている方は80~90歳代の方が多いです。定年退職後の60~70歳代は自宅で過ごし、体力や介護の心配が出てくる80歳以降で老人ホームへの入居を検討されるという方が多いからです。介護を目的とする以外に、安心してセカンドライフを楽しむという目的を持ち、早いタイミングで老人ホームへの入居を検討される方も多くいらっしゃいます。



公社の介護付有料老人ホーム「ヴィンテージ・ヴィラ」では、「生涯自立」(食事・入浴・排泄に介助を必要としない状態であること)に力を入れており、ご入居者の方々が介護なしで、お元気でお過ごしいただけるように「介護予防」としてさまざまな取り組みを進めております。


アクティビティ専門スタッフが在籍し、ご入居者のお身体に合わせた運動の指導を行っています。

転倒予防や骨粗しょう症予防、認知症予防などさまざまな効果のある運動プログラムを用意しており、ご入居者は自由にご参加いただくことができます。

ほかにも、ヴィンテージ・ヴィラには筋トレ器具も置いてあるため、ご自身の都合や状態に合わせていつでも自主的にトレーニングを行うこともできます。(※アクティビティプログラム時を除く)


また、ダイニングルームでは、専属の栄養士が監修したメニューを朝・昼・夕の3食を365日、ご予約なしでお召し上がりいただけます。また、神奈川県立保健福祉大学との連携協定により、食を通じた『健康寿命の延伸』を目指す取り組みを推進しています。


ご入居は入居時自立が条件ですが、入居後万が一、介護が必要になった場合でも、専任のケアスタッフが24時間体制で介護サービス・生活支援サービスを行います。

さらに、介護度が重くなった場合には提携施設である介護専用型のトレクォーレに追加費用等なく移り住みいただくこともでき、より手厚い介護サービス体制を整えています。


これらの取り組みは公社の情報誌・シニアライフ誌でもご紹介しています。

シニアライフ誌では、さまざまな観点からお役立ちの最新の情報を提供しています。


ヴィンテージ・ヴィラへのご興味、シニアライフ誌のご購読希望がございましたら、ぜひシニアライフ倶楽部にご入会くださいね!


お問い合わせは下記までお気軽にどうぞ!



神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部 0120-428-660(フリーコール)


[受付時間:平日9時~17時]


高木

高木(高齢者事業部 運営課)

皆さまのお役に立つセミナー情報や、ヴィンテージ・ヴィラで行っている様々なイベントを通じて入居者様の生きいきした姿をお伝えしてまいります!

老人ホームの見学でおさえるべきポイントは?

老人ホームの見学でおさえるべきポイントは?の画像

こんにちは!神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部の高木です。老人ホームへの入居を検討しているな...

  • お役立ち情報
  • 2020.07.08
  • 高木

高齢者の認知症予防、生活習慣や食生活で心がけること

高齢者の認知症予防、生活習慣や食生活で心がけることの画像

こんにちは!神奈川県住宅供給公社 高齢者事業部の高木です。高齢者の認知症の原因の一つとして、...

  • お役立ち情報
  • 2020.06.03
  • 高木